コンパクトだけど便利!日本製炊飯器でお米を炊いてみました【海外・ドイツ】

170109_suihanki02

一時帰国したときに買った日本製炊飯器でお米を炊いてみました!いやっほう!

スポンサーリンク

ドイツの炊飯器事情

170109_suihanki01

鍋やレンジ調理機でお米を炊くこと苦節3年……。ようやく我が家にも日本製炊飯器がやってきましたよ!これまで何度鍋を焦がし、レンジ用炊飯器でべちゃべちゃの炊き込みご飯を炊いたことか……。

寿司ブームのおかげか、ドイツの家電量販店でも炊飯器(英語だとRice Cooker、ドイツ語ならReiskocher)が売られるようになったのですが、いかんせん機能が少ない。タイマーもない。本当に米を煮るだけという感じです。基本煮る道具なので「野菜も茹でることができます」と書いてあるけどあまり魅力を感じません。機能が少ない分、値段は安く、30ユーロから70ユーロぐらいで売っています。

実際に使用したドイツ人の知人(日本在住経験あり)によると「炊きあがったお米はかさかさしていて美味しくない」とのことでした。

中華系のアジアンショップでも炊飯器が売っています。やや機能は多くなるものの、値段がだいたい100ユーロ前後と高くなるのが難点。

うーん、どうせ同じ値段を出すなら日本に帰ったときにいい炊飯器を買いたい。

ということで、楽天を使って海外で使える日本製炊飯器を購入しました!やったー!

喜びのあまりいろんな角度から写真を撮りまくって遊んでしまいました。「いいよぉ、丸いね、丸いね~!」と床に寝転がってあおって撮ってみたり、

170109_suihanki02

上から撮って伏し目がちな雰囲気にしたりと、

170109_suihanki03

ものすごく楽しいです。海外に住むと日本では当たり前の物でもめちゃくちゃ楽しめるので得した気分になります。

実際にお米を炊いてみた

さて、どうでもいい一人遊びは置いておいて、実際に使用した感想を書いてみます。使用するお米はとれたての新米、スペイン産あきたこまちの「みのり」です。

お米に水を含ませる(浸水):1~2時間

170109_okome_takumae

「みのり」も十分美味しいんですけど、日本米に比べると水分量が少ないので、炊く前に水を含ませる必要があります(「浸水」という作業)。1~2時間くらいは浸けた方が美味しい。

ちなみに洗い終わったお米をザルに上げる「吸水」は、欧州産米だと粉々になってしまうのでしない方がいいと思います。ぼっそぼその炊き上がりになりました。

本当は浸水後再度水加減を調整した方がいいのですが、面倒なので最初から内釜のラインより少し多めまで水を入れておきます。抜ける手は全力で抜きます。

タイマーをセットする

この炊飯器の炊飯時間は約40分です。これに浸水時間をプラスしてタイマーをセットします。日本の一般的な炊飯器みたいに、時計で炊き上がり時刻を合わせることはできないのですがまあいいでしょう。頭の体操だと思って自力で炊き上がり時間を計算します。

レンジ用炊飯器だとこのタイマーがなかったんですよね~。この炊飯器だと最大12時間後までタイマーを合わせることができるんです。なんて便利なんだ!

炊き上がり

170109_okome_takitate

あとは放っておけばご飯が炊きあがります。炊き上がりはこんな感じ。美しい!

170109_okome_okazuto

さっそくお昼に食べました。おかずは「夫もやせるおかず 作りおき」を見て作った「ジンジャーチキン」と味噌汁です。ご飯が進みます。

ちなみに味噌汁の具もこれまた日本で買ってきたフリーズドライの豆腐とオクラを使っています。

170109_freezedry_tofu

一時帰国から戻ったばかりだと冷蔵庫の食材が乏しいし、食事を作る気力がなかったりするのでとても重宝します。手抜きしたいとき用に買っておくと便利。

この炊飯器を選んだポイント

この炊飯器を選んだポイントは、

  1. 手ごろな値段(1万円弱)
  2. コンパクト(スーツケースに入る!)
  3. 2合炊き以上(3合炊きです)
  4. タイマーがついている
  5. 炊き込みご飯、おかゆが炊ける

の5つです。海外で使える炊飯器は2~3万円ぐらいが平均です。高ければ10万円ぐらいまであるのですが、この炊飯器は1万円弱と手ごろです。また蓋が外れるのでスーツケースに入るほどコンパクト。預け荷物が1つまでの飛行機でも持って帰れます。

2合炊き以上、タイマーと炊き込みご飯については最低限欲しい機能ということで挙げてました。レンジ用炊飯器だとできなかったんですよね。

購入店の紹介

我が家が購入したのは楽天のコウベサコム(海外電気CLUB)というお店です。この炊飯器は海外向け製品なので英語の説明書しかついていないのですが、独自にお店で日本語に翻訳した簡易取扱説明書もつけてくれていました。素晴らしい。

海外発送もしてくれるようです。でもドイツだとアマゾンで同じ商品が売っているので、送料を合わせてどちらが安いかというところ。いま見てみたらドイツのアマゾンだと185ユーロぐらいです。悩むところですね~。

Amazon.de: HITACHI Außerhalb von Japan Reiskocher RZ-EM5Y-BL Rot (220-240V)(3.0 cup)
Amazon.de: Küchen- und Haushaltsartikel online - HITACHI Außerhalb von Japan Reiskocher RZ-EM5Y-BL Rot (220-240V)(3.0. 3.0 cup / convenient for a single life / ...

海外でもお米が美味しいと毎日が楽しくなります。いや、海外だからこそ? 1年以内の滞在ならレンジ用炊飯器でも十分かなと思いますが、3年を越える長期滞在なら買っても損はない炊飯器だと思います。お米の炊き方は滞在期間によると思うので、鍋での炊き方やレンジ用炊飯器での炊き方もご紹介していきますね。追記)書きました↓

1000円以下で買える!安価なレンジ用炊飯器を使って手軽にお米を炊こう【海外・ドイツ】
1000円以下で買える!安価なレンジ用炊飯器を使って手軽にお米を炊こう【海外・ドイツ】
渡独して約3年。我が家の炊飯を一手に担ってくれていたのがレンジ用炊飯器「レンジdeおひつ」(以下愛称「おひつちゃん」)です。安価で軽...
適当でもOK!鍋を使っておおざっぱにお米を炊く方法【海外・ドイツ】
適当でもOK!鍋を使っておおざっぱにお米を炊く方法【海外・ドイツ】
海外に長期滞在していると無性にお米が食べたくなるときがあります。炊飯器があれば簡単ですが、長期の海外出張や短期留学などだと持ち歩くの...

役に立った!面白かった!と
クリックしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする